ブランド一覧

wjk(ダブルジェイケイ)

ブランド概要

ダブルジェイケイのコンセプト

「良いものは変わらない」という考えから、不変のものを創る姿勢がブランドコンセプト。 wjkのウェブサイトにも書いてあるように、着心地の良いタイトなトップスと、スタイルを良く見せるパンツというものを意識したブランドです。タイトなカットソー、ブルゾン、コートに、脚を長く見せるように構築されたパンツがメインのアイテムになっています。 橋本淳がC DIEMで活動していたこともあり、wjkの服はブランドのカラーというか雰囲気、無骨な男のブランドといったところなど共通する部分があります。少なからず影響を受けているのではないでしょうか。 価格は国内ブランドの中ではやや高めなほうです。秋冬のブルゾンやコートは海外デザイナーもののそれと同じくらいのもあります。しかしそれとは反対に、wjkの定番の一つである3枚1パックのカットソーのセットがリーズナブルな価格で売られていることもよく知られていることでしょう。 ブランド名の「wjk」はには意味がなく、好きなアルファベットを適当に並べたものである。それは、ブランド名からイメージを決められたくないと考えたため。あくまでも、「wjk」が創った「もの」をきちんと見てほしいというデザイナーの気持ちからである。

ダブルジェイケイの歴史

橋本淳が2004年渋谷区恵比寿にショールーム「wjk」を展開。橋本淳はセレクトショップのバイヤーを経て、カルペ ディエム(C DIEM)のデザイナー「マウリッツォ アルティエリ」に共感し、単身でイタリアに渡りマウリッツォと共に活動する。 そこで得た経験を活かす為、3年後帰国し「wjk」を立ち上げる。2005年A/Wからはレディースもスタート。2006年S/S、「wjk」のラグジュアリーラインとして、「AKM」をスタート。2007S/Sよりwjkのレディースライン「WJKW(ダブルジェイケイダブル)」をスタート。

公式サイト
http://www.wjk.jp/

人気ブランドランキング

ページトップへ戻る